塚原石産興業株式会社

Aggregate Engineering

ホーム > 企業情報 > 会社沿革

想いを礎に

骨材の開発・生産を通して社会の豊かな未来を支えたいーこの想いを礎に 1965年 塚原石産興業株式会社は誕生しました。その後 骨材需要を求める社会の要請に応えるべく2つの鉱山 4つの砕石工場を開設し円滑な骨材供給体制を構築していきます

想いを繋ぐ 技術を繋ぐ

創業者の想いは 現社長 塚原富勝に受け継がれ骨材の開発・生産における技術革新が進みました。「測量」「設計」「破砕」「選別」「運搬」「緑化」など資源を製品化する工程は多岐に渡りますが。全ての工程において資源の性質・性状に最適な 生産・管理・運搬技術の追求、全てを自社一貫して行うためのエンジニアの育成、独自技術・設備の開発、お客様への技術提案 など。お客様の期待を超える製品・サービスを提供し続けるためわたしたちの挑戦は続いています

想いを繋ぐ 時代を繋ぐ

想いを繋ぐ 未来を創る

2015年10月 わたしたちは50周年を迎えました。創業者の想いは わたしたちの理念となり理念は たしかなものづくり となって皆さまに高品質で安心安全な 製品・サービスを提供するべく今日までたゆまぬ研鑽を続けて参りました。わたしたちの資源は 有限ですがわたしたちの技術は形を変え 無限の豊かさを創り出すー。そんな誇りと責任を胸にわたしたちはこれからも歩み続けます。ますます安全で持続可能な開発を目指して社会の礎を築く 骨材メーカーとして豊かな未来を 支え続けるために。これからも引続き ご指導・ご愛顧を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます